超★伍代主義

主に特撮ヒーローやアニメ等のイベント参加を中心に紹介しています。只今リクエスト受付中です♪サブ・ブログの超ジオン主義&超PS主義もよろしくお願いします♪

2022年アニメ/TVゲーム関連イベント参加予定

こんばんは♪皆さん♪

 

今年も来月で6月となり折り返し地点といったところです。本日は少し先の予定まで色々と判明したので紹介していきたいと思います♪

 

なお今回だけですがメインのこのブログを含めてサブ・ブログでの更新予定をまとめていますのでご了承ください。

 

 

(39) 『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』クリップ映像第3弾 - YouTube

 

 

さて6月3日(金)~劇場公開されるですが10数回程をメドに何度か鑑賞予定なのです。

 

2D・4DX・ドルビーシネマと3種類の上映方式となりますがこのうち2Dと4DXについては小倉の方の劇場で鑑賞出来るので公開日初日に合わせて観る予定です。

 

また4DXでららぽーと福岡のTOHOシネマでも公開されるのでおそらく3回目は再び同施設にあるνガンダム立像等の合わせての更新となる予定です。

 

さらにドルビーシネマはTジョイ博多での鑑賞となりこちらは6月のガンダム・ベース福岡の紹介も合わせて紹介していく事になると思います。

 

なおこちらはサブ・ブログの超ジオン主義での更新となります。

 

 

左から影山ヒロノブ堀江美都子水木一郎

 

 

さて6月5日(日)九州初アニソンBIG3のアニキこと水木一郎、アニソン界の女王こと堀江美都子、アニソン界のプリンスこと影山ヒロノブの3人からなるライブが芦屋夢リア・ホールで開催されます♪

 

これは1度ここでもチケット購入した事は紹介し前記事でもふれていますがいよいよ当日が迫って来ました♪

コロナ渦の為アニソン・ライブ自体は今年の5月で丸2年も開催が縮小されたり中止となったりと行く機会がありませんでしたが久しぶりに楽しみたいと思います♪

 

 

 

(45) 映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』予告PART2 /6.11 - YouTube

 

 

そしてそれから約1週間後・・・6月11日()にはドラゴンボール最新映画の↑が公開予定なので観に行く予定です。

 

こちらもククルス・ドアン同様に入場者特典が第1弾という予告もある為ひょっとしたら数種類の特典が手に入れられるかも知れないのとおそらくこれも何種類かの上映方式がありそうなので何回も観に行くかと思われます。

 

アニソンBIG3と共にこちらはメインの当サイトでの更新を予定しております。

 

 

 

 

6月18日()~北九州市美術館分館にて開催予定なので行って観たいと思っています♪

こちらの紹介ですが現在サブ・ブログとして超PS主義がありますがこれを少し改名して新たに新設しての更新を予定しております。

 

 

 

 

またどうやら以前個人的には体調不良の為断念して参加出来なかったJAMプロジェクトのツアー・ライブでしたが・・・

 

14枚目となるベスト・アルバムやミニ・アルバムが発売されこれを引っ提げてのツアーが開催予定との事です♪

 

一応7月27日(水)~ベスト・アルバムが発売され封入特典としてツアーの先行販売券が入っているとの事です。

 

なお全国ツアーなので今回は福岡公演も予定されているのでそちらに行こうかと思っております。

以下はその日程・・・

 

 

10月8日(土)~東京・立川ステージガーデン

 

10月10日(月・祝)~福岡・福岡国際会議場

 

10月16日(日)~大阪・東大阪DEAN HOUSE

        (大ホール)

 

11月2日(水)~東京・渋谷公会堂※FC限定

 

11月3日(木・祝)~   〃  ※一般

 

11月20日(日)~宮城・仙台PIT

 

11月27日(日)~愛知・ZEPP NAGOYA

 

※FC限定➡6/1~開設される新規FC入会しての申し込み

 

これはメイン・ブログの当サイト内での紹介とさせて頂きます♪お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニソン・ファンタティク・ファイヤーワークス2022

おはようございます♪皆さん♪

 

少し遅れての更新となりましたが先週土曜日に行われたアニソン関連のイベントで北九州はミクニ・ワールド・スタジアム会場だったアニソンと花火の共演”アニソン・ファニタティック・ファイヤーワークス2022”に行ってr来たので紹介したいと思います♪

 

ちなみにこの試みは日本初開催で花火の方も芸術花火と言われる特殊な花火となっており当日は多くのアニメ・ファンが北九州に集まり大盛況でした♪

 

 



 

さては会場となるミクニ・ワールド・スタジアム・・・本来ここはJリーグの地元チームのギラヴァンツ北九州のホーム・スタジアムとなっているサッカー場です。

 

この日は16:00~開場でまだ本番までは3時間30分程あった時の撮影なので若干人通りが少なかったです。

 

 

 

 

は会場内のスタンドに行く通路沿いの壁面となります。

通常のアニメ・イベントではこういうポスターも大きくて迫力のあるデザインだったりするのですが今回は北九州市主催という事もあって控えめになっていました。

まぁデザインは個人的に好きなキャラが載っていた訳ではないので紹介はここまでとさせて頂きます。

 

 

 

 

は座席案内の看板・・・当日入口で分かった事ですがどうやら席はスタンドではなかった様です。

 

 

 

 

まぁ何となくですが海岸線であると思っていましたが本当にすぐそばは海でした・・・は座席から左方向の眺めです。本番ではこの方向の対岸からの花火打ち上げとなりました。

 

 

 

 

は座席正面の眺め・・・Mー5列10番です。

前から5列目でしかも通路寄りだったので移動は楽でした。

 

 

 

 

は座席から見て右方向となります。

内陸側で座っている人に隠れてしますが馬島という離島行の高速船の乗り場もあります。

 

 

(1) 聖闘士星矢Ω オープニング(ペガサス幻想) - YouTube

 

 

は座席前方にあるモニターとスピーカーです。

花火打ち上げまでは特設スタジオでのトーク・ショーが開催されておりミニター越しに視聴出来ました。

 

30分置き位で当日花火とコラボして欲しいアニソンの募集も行われて今人気の鬼滅の刃進撃の巨人また当日のゲストだった声優さんの代表作のうま娘といった曲が多かったのですが・・・何と!?聖闘士星矢の曲もかかって大音響で場内に響き渡っていました♪

 

 

(1) CHA-LA HEAD-CHA-LA(2005 ver.) - YouTube

 

 

最も良かったのは・・・やはりこの人♪アニソン界ではレジェンドの1人となっている影山ヒロノブさん♪

その代表曲のドラゴンボールZOP主題歌♬チャラ・ヘッチャラ♬でした♪

 

 

どうやら再録されたバージョンで2005Verという事でよりロック色の強い曲調でした♪

写真は最近の影山兄さんの様で髪もバッサリ切った姿となっていました。

 

 

(2) 「北九州の台所」旦過市場で火災 - YouTube

 

 

は当日行われていたトーク・ショーでのヒトコマ・・・

スタジオのテーブルには先月19日に起こった北九州の台所・旦過(たんが)市場の火災の復興募金箱もありました。

 

この火災当日ですが丁度この日は北九州漫画ミュージアムでアニソン・ビック3の告知チラシを手に入れた日であり火災現場を通りました。

 

なお今回のイベントの収益は一部この支援金にあてられるそうです。

 

 

 

 

当日は勿論ですが主催者として北九州の北橋市長も挨拶をされました。

自身も北九州出身の漫画家・松本零士先生の作品のファンの1人という事もあって就任後はかなり精力的にアニメ文化交流という事で様々なイベントを企画し以前と比べかなり個人的にも近場でのアニメ・イベントの参加が可能になりました。

 

政治家ではありますが1人の松本作品のファンという事で好感が持てる方と思っております。

 

 

 

 

さていよいよ花火本番・・・

意外と近くで打ち上げているみたいで実際に火の粉がかなり座席まで飛んできました。

 

 

 

 

30分の1秒単位で計算されたアニソンの曲に合わせての芸術花火という事でかなりの迫力がありました。

打ち上げられた直後は爆音と共にまるで爆弾が爆発した様な光景でした。

 

 

(4) 愛・おぼえていますか - YouTube

 

 

で・・・当日使用されたアニソンですが2曲目当たりだったと思われますが超時空要塞マクロス劇場版の挿入歌♬愛・おぼえていますか♬が流れました♪

 

 

4) 【MAD/AMV】エヴァンゲリオン×残酷な天使のテーゼ《ネオンジェネシス》【シン・エヴァンゲリオン劇場版】 - YouTube

 

 

中盤当たりに新世紀エヴァンゲリオンTV版OP曲♬残酷な天使のテーゼ

 

 

 

 

(4) 銀河鉄道999OP ゴダイゴ - YouTube

 

 

そして銀河鉄道999劇場版主題歌(ゴダイゴ)がかかりました♪

 

 

(3) City Hunter - Angel night - YouTube

 

 

他にはTV版シティーハンター2のOP曲♬angel night♬

 

 

(3) 創聖のアクエリオン (AKINO) 歌詞付き【創聖のアクエリオン】OP - YouTube

 

 

創世のアクエリオンOP曲・・・

本編はちゃんと観た記憶はありませんがこの曲は勇者王ガオガイガーの♬勇者王 誕生!♬等で知られる遠藤正明さんが以前カバーされていて曲自体は知っていました。

 

まだまだ実際にはアニソンがかかったのですが知ってる曲は以上となります。

 

当日の1時間で1万3千発もの花火が打ち上げられて観てるとあっという間に終わった感じでした。

アニソンはやはり北九州出身の松本零士先生や北条司先生の作品の楽曲はあったものの有名なアニソンがというキャッチフレーズだったわりには曲が少々一般的にはマニアックだったと思いました。

 

また当日の来場者の反応も様々で思ったアニソンがかからず残念がる人・・・

花火の迫力に感動する人・・・

フィナーレの様な演出もなかった事から拍子抜けする人等の声が終わって退場する際に聞こえて来ました。

 

個人的な感想ですが確かに知っている曲がほぼ全体の半分といった感じであっという間で拍子抜けしたはしました。

ただこの後の予定としては6月5日(日)にはアニソン・ビック3(影山ヒロノブ水木一郎堀江美都子)の九州初のライブに行く予定であり色んな有名なアニソンをご本人から聴ける機会もあるので特に腹も立たなかったです。

 

また当日のイベントはアニソンを1時間枠でアニソンを多くかけるモノでしたが正直全てがフルコーラスだったので仕方がないかなとも思いました。

実際アニソンはフルコーラスだと結構何番もあって長い曲も多いと思われますので・・・

 

 

 

 

最後に紹介するのはです。

以前にも紹介したドラゴンボール超の新劇場版のPRの一環としてフリーペーパーの表紙をキャラが飾るというモノで前回は福岡版としてベジータを載せましたが北九州版は主人公・孫悟空でしたのでまた近くのコンビニで取って来ました♪

 

 

 

 

 

 

ドラゴンボール超・劇場版及び今後のアニメ・イベントについて続報等々・・・

こんばんは♪皆さん♪

 

4月25日(月)に行った仮面ライダー展やららぽーと福岡のνガンダムの他にも若干お見せ出来なかった別ネタや今後の予定しているアニメ・イベント参加追加情報をまとめてご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

まずは当日小倉から福岡・天神行きの高速バスで向かいましたが天神に着いてからたまたま見つけたフリーペーパーです。

 

ヤフーニュースでも告知があって新劇場版を記念したコラボとしてドラゴンボール超のキャラが表紙となる事は知っていましたが運良く個人的に好きなキャラのベジータだったので1部拝借しました。

 

 

(2251) 映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』予告PART2(4.22) - YouTube

注)の動画では公開日4/22(金)となっていますが東映アニメーションサイバー攻撃を受け延期となっております。なお公開日は6/11(土)に決定しております。

 

 

画像は実は仮面ライダー展の会場の隣にTジョイ博多がありまして観覧後にふらっと立ち寄った時に見つけた最新映画の告知垂れ幕です。

 

予告編や垂れ幕を見る限り今回はどうやらピッコロと悟飯の魔族師弟コンビの活躍が展開されそうで期待が高まります。

 

 

注)右下にあるのは買い物籠で当日オープン記念で店頭では来店特典が配られていてそれが入っていた様です。(近くにスタッフもいました。)

 

 

ららぽーと福岡でガンダム・サイド・Fに行く途中で見つけたジャンプ・ショップです。

ここ最近の連載では根強い人気があるワンピースのルフィがショップの左壁全面に大きく描かれてしました。(鬼滅の刃が右に描かれてしましたが当日はファンも多く撮影はしていません。

 

なおキャナルシティ博多にも同じ店舗はありますがららぽーと福岡の方が売場面積は広い様でした。

 

 

(2251) ANISON FANTASTIQ FIREWORKS PV - YouTube

BGM/銀河鉄道999 シン・ミックス~ゴダイゴ

 

 

さてここからは今後のアニメ・イベント参加についてとなります。

残念ながらGW中は特に今年は予定はないのですが5月下旬に行われるのがのアニソンと花火のコラボ・イベントです。

 

 

 

 

という事ですでにチケットも手に入れております。

今回は地元・北九州での開催の為移動等も楽になりそうです。

観覧席ですがどうやら1番ランクの高い券種なので当日が楽しみです♪

 

 

 

 

 

昭和から平成への仮面ライダーは・・・

こんばんは♪皆さん♪

 

生誕50周年記念の仮面ライダー展も今回で最後の紹介となります。でも本展の全部という事でなく個人的にこれぞ仮面ライダーだと思う展示のみとなっているのでご了承ください。

 

その理由については・・・

 

1つ目として本来原作者である石ノ森章太郎先生が直接関わっていない平成以降は別物と感じている為。

(但し遺作として発表された平成ライダー1号のクウガは対象ではありません。)

 

 

2つ目はいくら作者不在であるにしてもその根本的な理念とかけ離れた作品である事。

特に龍騎と試しに観た時にライダー同士が自分の願いを叶える為にお互い潰し合っていたのがショックでした・・・

 

 

3つ目、ライダー出身の俳優さんの不祥事が最近良く耳にする事。

名前やどのライダーだったのかは伏せますがある女優を死に追いやる暴言や事もあろうに万引きして逮捕された俳優さんもいます。

(いずれも芸能活動無期限自粛)

 

これは個人的に仮面ライダー出身俳優さん達のイメージを悪くするだけでなくライダー出身俳優の意識の低下ではないかと思われます。

 

4つ目・・・これは仮面ライダーに限らず全ての特撮ヒーロー及び怪獣作品に言えることですがいくら過去に実績があって評価されている監督であってもその独自の思想を持った人に作品を作られるべきではないという事。

最近はこの傾向が強く本来の作品のテイストを崩している様な想いがします。

 

 

以上が主な理由です。

 

 

 

 

さて今回紹介する最初のコーナーは昭和ライダーが集結した記念撮影スポットから・・・

会場が若干狭いせいかこの全体の撮影は他の来場者もいる為難しかったです。

はそのスペースの右端でライダーマン(左)と1号(右)となります。

 

 

 

 

先の写真の奥の方の様子となります。

正面から撮影したかったのですがこの反対側には前回紹介したBLACKやRX等が並んでいてそっちを撮影している人もいた為出来ませんでした・・・

 

 

 

 

V3を中心に撮った1枚です。

上段にはZX(ゼクロス)とスカイ・ライダーが立っています。

 

 

 

 

その左隣にいるストロンガー(チャージ・アップ・バージョン)です。

上段左端にはスーパー1がいます。

 

 

 

 

さらにはXライダーです。

 

 

 

 

は左端となります。

2号(左)とアマゾン(右)が並んでいます。

なぜか1号と2号はそれぞれ離れた場所に立っているのは少し違和感を感じました。

 

 

 

 

ここからは個人的にギリ仮面ライダーだと認めているクウガの紹介となります。

1号から昭和ライダーは年表で平成からはの様に当時の出来事を交えての紹介がされていました。

 

 

 

 

その下にショーケースがあり対象となるライダーの変身ベルトのおもちゃが飾られていました。

クウガの変身ベルトです。

 

 

 

 

さていよいよクウガの紹介です。

お気付きかとは思いますがこのサイトの管理者としてHNもこの主人公の五代祐介にちなんだ名でもあり石ノ森章太郎先生の遺作なのでその敬意をはらったという思い入れのある名です。

 

そうは言ってもどうやら平成版となった新たなライダー・シリーズなので主演のオダギリ・ジョーを含めスタッフ全員で色んな変更点を話し合って作られた作品でした。

1番の変更点は↑の言葉の叫び方でそれまでのライダーは・・・

 

「へ~んしん!!!」

 

と言葉を伸ばして言っていましたがこのクウガからは・・・

 

「変身!!!」

 

と素早く叫びライダーとなりました。

これはオダギリ・ジョーさんの意向で・・・

 

「敵が目の前にいるのにゆっくりしてたらやられちゃうでしょ?」

 

という事で決まった様です。また変身ポーズも右腕を前に突き出すだけだった事もあり作中はその変身シーンとマッチした名シーンの1つにもありました。まぁ基本的にライダー変身シーンは歴代から名シーンなのは言うまでもありません。

 

勝手に変更されましたがこれらの話しを聞くと歴代からの流れもしっかり受け継がれた作品になったのではないかと思われます。

 

 

(2142) 【MAD】仮面ライダークウガ PV風 - YouTube

 

 

さて先程の変身。と書かれた壁の内側にあるのはクウガの姿となります。

合わせて作品のダイジェストの様な映像も貼りました。映像のBGMに使用されている楽曲はクウガのOP曲です。TV版と比べややテンポ・アップされた曲調にはなっていますが変身や各フォームとライダー・マシンであるトライチェイサー(前期)にトライゴウラム(後期)も登場していて作品内容がうまくまとめられていますので是非ご覧ください♪

 

 

(2144) Kamen Rider Kuuga Hensin All Form (Growing Form - Ultimate Form) - YouTube

 

 

は正面のボトム・アップです。

ちなみに後ろにある漢字はクウガの日本語読みで空我です。この意味ですが

 

「我、心を空にして敵を撃つ。」

 

という意味となります。

またクウガの変身フォームが分かる様な動画も載せました。敵のタイプに合わせて多重変身して成長するライダーというのが分かった頂けると思います。

 

 

 

 

同じく左側からのショット

 

 

 

 

そして右側のショットです。

 

 

 

 

クウガの変身ベルトです。

 

 

(2144) 仮面ライダークウガ マイティフォーム 変身シーン - YouTube

 

 

クウガが眠っていた棺です。

以前のライダーであれば敵の組織に改造されたという設定が多かったのですがクウガは異なり古代の戦士として邪悪なるグロンギ族を倒す指名を帯びた存在でした。

その下の動画は第1話で主人公の五代が初めてクウガに変身する時のものです。

 

棺に入っていたベルトを手にした事によりクウガに変身出来る様になりました。

場所は古代遺跡の発掘現場で主人公は冒険家という設定です。

 

 

 

 

は棺に描かれたグロンギ語でクウガを意味する文字です。先の映像でもお分かり頂けますが敵は古代の魔物という事もあって人間の言葉は話さずに全てグロンギ語でしゃべっていて本編と別にグロンギ語対訳版という作品も作られています。

 

 

 

 

以上で仮面ライダー展の紹介を終わらせて頂きます。

次回はいよいよららぽーと福岡のνガンダム立像やガンダム・パーク福岡の様子等をサブ・ブログの超★ジオン主義の方で紹介していきたいと思います♪お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮面ライダー展・その3

こんばんは♪皆さん♪

 

仮面ライダー展の紹介も3回目となりようやく半分の展示紹介が終わり丁度折り返し地点となります。

 

 

 

 

さて昭和ライダーの続きから・・・

仮面ライダーBLACK(左)と宿敵シャドー・ムーンです。このライダー実は平成ライダーのジオウというシリーズにも関わっているライダーでもあり結構小さい子でもこのブラックは良く知っている様で昭和ライダーの展示の中では1番来場者の注目を浴びていたコーナーでした。

 

 

 

 

個人的にどちらかと言うとの宿敵シャドー・ムーンの方が基本的に好きでした。

ライダーの敵としてはそれに匹敵する見た目も格好良い敵だった様に思います。

 

 

 

 

ブラックのパワー・アップした姿として登場したのがのRXでした。

 

 

 

 

このシリーズから良く出て来るのが多重変身でした。

はその1つのフォームであるロボ・ライダーです。

 

 

 

 

同じくバイオ・ライダーです。

平成第1号で個人的に石ノ森先生の遺作として発表されてそれ以降は石ノ森先生が関わっていない為認めていないクウガも敵の特性に合わせた各フォーム(多重変身)というのが存在して実際それ以降も良くは知りませんが同じ流れで作品が作られている様ですがその原点として基礎を作ったのはやはり原作者である石ノ森先生でした。

 

 

 

 

さてここからはTVシリーズとは違うオリジナル作品のライダー達の紹介となります。

は左から真・仮面ライダー~ZO~Jです。

特に真ライダーは本来石ノ森先生は子供向けではなく怖い話しを作りたかったという事もあり見た目がかなり恐ろしい姿となっています。

 

また当時は良く作中に石ノ森先生がちょい役で出演される事も多かったのですが真~は冒頭のシーンである財団の代表という事での出演をされています。

 

ZOですがライダーの生みの親でしたが敵に利用されていまう博士役として今やアニソン界の重鎮で宇宙戦艦ヤマトの曲でも知られているささきいさおさんが出演されていました。

 

Jの方はシリーズ初の巨大化するライダーとして有名な作品でした。

 

 

 

 

さて続いてのコーナーはやはり昭和ライダー・シリーズには欠かせない悪の組織であるショッカーです。

ちなみに昭和ライダー達の共通の敵の首領は1号ライダーの敵ショッカーから派生した組織の首領でもありました。

 

 

 

 

コーナー入口ではショッカーの戦闘員がお出迎えしていました。何だか・・・

 

「ヒィー!!!」

 

と聞こえそうでした。

 

それにしても本展の展示はかなりリアルな造形が多くて驚きました。

 

 

 

 

さて中に入り中央に飾られているのは仮面ライダー第1話で登場したクモ男です。

当時を振り返り1番怖った怪人は?というインタビューでの質問に主人公・本郷猛役だった藤岡弘さんは・・・

 

「クモ男だねぇ~あれを初めて見た時は怖ったよねぇ~登場の仕方も暗闇の何にもない所からすっと現れる・・・いやぁ怖かったねぇ~あの時は。」

 

と話されて1番印象に残った怪人だった様です。

 

 

 

 

コーナー左側のその他ショッカーの怪人達です。

左から地獄大使の本当の姿だったガラガンダー~同じく死神博士だったイカデビル~そして蜂女となります。

 

 

 

 

蜂女の声はかなり高い女性の声でセリフの上から目線だったと思います。

またここも最初の方で紹介した原作者・石ノ森先生の書斎再現コーナー同様に壁にはその他の怪人達の写真が飾られていました。

 

 

 

 

個人的に好きなショッカーの怪人でもあるイカデビルです。

昭和ライダー・シリーズではだいたい敵の幹部が前期と後期に1人ずつ交代で登場していて先に紹介した様にこちらは死神博士の変身した姿でした。

 

 

 

 

ショッカーの怪人達の奥にあるのが幹部の写真です。

地獄大使(左)と死神博士(右)となります。

不気味さを表現するせいか照明が暗めで死神博士が少し暗く写ってしまっているのが残念です。

 

ちなみに死神博士役の天本英世さんは実は地元北九州出身の俳優さんでもあるので個人的に好きなショッカーの幹部でもあります。

 

 

 

 

一方こちらはゲルショッカーの幹部達です。

暗いですが左がゾル大佐で右がブラック将軍となります。

 

 

 

 

コーナー出口のゲートに設置されているショッカーのエンブレムです。

ショッカーの首領の声を担当した納谷悟郎さんの声が聞こえて来そうな感じでした。

 

 

 

 

ショッカーのコーナーを出ると壁には歴代ライダーの年表が飾られていました。

仮面ライダーの初回放送は昭和46年4月3日でその約2か月後に生まれたという事もあってか個人的に運命的な想いが強いです。

 

 

 

 

そしてその付近のショーケースに飾られていたのが当時の関連グッズの数々です。

特に当時子供だった頃に変身ベルトを良く買ってもらいましたのでの様な展示を見ると懐かしく思います。

 

 

 

 

こちら同じくV3の変身ベルトです。

昭和ライダーの中では当時1番好きだったのはV3でもありました。

 

 

 

 

そしてXライダーです。

今回展示されていた当時のおもちゃとしての変身ベルトは全て買ってもらった記憶があるものばかりでした。

 

後スカイ・ライダーのも当時買ってもらった様に思いますが展示はありませんでした。

 

 

 

 

他にも様々な玩具が飾られていました。

 

 

次回はいよいよ今回の仮面ライダー展最後の紹介となります。

昭和ライダー集結展示や平成ライダー1号のクウガ等を紹介していきたいと思いますのでお楽しみに♪

 

 

仮面ライダー展・その2

こんばんは♪皆さん♪

 

仮面ライダーを愛する全てのファン達に向けてという形の生誕50周年記念・仮面ライダー展・・・

今回はかなり個人的にも楽しめる内容でした♪

 

ただ一点だけ前回の紹介での訂正とお詫びがあります。

歴代の1号ライダー展示で藤岡さんが演じていないという理由で紹介をしなかった仮面ライダーネクスト・ジェネレーションズですが正確には仮面ライダー・ザ・ネクストの間違いでしたので訂正してお詫び申し上げます。

 

 

 

 

さて今回も引き続き本展の石ノ森章太郎先生のコーナーを紹介していきます。

は設定資料か1号ライダーのマスク決定稿です。

 

 

 

 

は1号ライダー全身姿の決定稿となります。

特撮ヒーローとしての番組で藤岡弘さん演じるライダーも格好良かったのですがこの漫画版のライダーも格好良いと思います。

 

 

 

 

は原作の漫画紹介コーナーとなります。

 

 

 

 

かなり大きくて迫力がありました♪

 

 

 

 

その反対側にあるカラー版の仮面ライダー原画の数々です。

 

 

 

 

右隣には1号ライダーをバックに他のライダーも描かれていました。

 

 

 

 

仮面ライダーアマゾン

 

 

 

 

仮面ライダーストロンガー

 

 

 

 

スカイ・ライダー♪

 

 

 

 

さてここからは各歴代ライダーの紹介コーナーとなります。

まずは1号と2号の握手を再現した展示です♪

 

 

 

 

まるでその場にいるかの様な展示でした。

 

 

 

 

本郷猛(左)と一文字隼人(右)の衣装です♪

 

 

 

 

アマゾンの衣装♪

 

 

 

 

アマゾンの変身ベルト♪

 

 

 

 

ギギの腕輪♪

 

 

 

 

城茂(ストロンガー)の衣装♪

 

 

 

 

電波人間タックル♪

 

 

 

 

無茶苦茶リアルな作りでした。

 

 

 

 

スカイ・ライダーよりガンガンジー

 

 

と今回はここまで・・・次回はBLACK~Jまでやショッカーのコーナー等を紹介したいと思います♪お楽しみに♪

 

 

 

50周年記念・仮面ライダー展へ♪

こんばんは♪皆さん♪

 

前回の予告通りに今回は仮面ライダー展の紹介となります。

 

丁度ららぽーと福岡のνガンダムのオープンと時期が重なっていた為昨日は午前中からまず博多で仮面ライダー展を午後から竹下のららぽーと福岡に向かいしました。

 

また仮面ライダー展の紹介後にはサブ・ブログ超★ジオン主義でオープン初日のららぽーと福岡のνガンダムガンダム・パーク福岡付近の様子や夜の映像付き演出等も順次紹介していく予定なのでお楽しみに♪

 

 

 

 

さて当日はいひとまず高速バスで小倉から天神へ・・・

昼食に焼肉を食べてから地下鉄福岡空港線で博多・・・

そしていよいよJR博多駅に隣接するJR九州ホールで行われている仮面ライダー展に行きました。

はその入口付近の柱にある案内板です。

 

 

 

 

という事では当日配布されていたチラシと左上は当日券となります。

 

 

 

 

は入場者特典のフォト・フレームです。

昭和の歴代ライダーがデザインされています♪

 

 

 

 

会場のエントランスには主に1号関連の展示がありました。

サイクロン号(左)と仮面ライダー旧1号です♪

 

 

サイクロン号(正面)

 

 

サイクロン号(左側面)

 

 

サイクロン号(左後方)

 

 

サイクロン号(後方)

 

 

旧1号(ボトム・アップ)

 

 

旧1号(変身ベルト)

 

 

その他の1号達

 

手前は新1号(別名/桜島1号)中央はリメイク版のネクスト・ジェネレーションズで登場した1号ライダー奥は藤岡弘さんが最後に劇場版の仮面ライダー1号で身に付けていたライダー・スーツです♪

 

 

新1号(変身ベルト)

 

 

劇場版・仮面ライダー1号

 

中央にあるネクスト・ジェネレーションズの1号・・・藤岡弘さんは演じられていない為飛ばします。

 

さて事実上藤岡弘さんが本郷猛役として最後の変身として予告編でも告知されていましたががその新たな1号ライダーの姿です。

 

 

劇場版・仮面ライダー1号(ボトム・アップ)

 

 

ちなみに少し前に平成ライダー最新作の劇場版リバイスが上映されました。

その時にも本郷猛(仮面ライダー1号)が登場したのですがこの時は藤岡弘さんではなく何と!?長男の真威人(17歳)が代わりに演じるという事で注目されました。

 

 

劇場版・仮面ライダー1号(変身ベルト)

 

 

CG合成等の進化でライダーの姿や変身シーンも変化しています。

実際にはのベルトは風車の部分は変身前はなくライダー・マークとなっていて変身時に開き風車が現れるという開閉式になっていました。

 

 

石ノ森章太郎先生のプロフィール・パネル

 

 

会場へ入りまずは大型スクリーンで藤岡弘さんの挨拶動画が当時の本郷猛の映像と共に流れてしました。

本展では映像とその周辺の作品紹介パネル以外は全て撮影OKという形でした。

 

残念ながら藤岡さんの動画は撮影NGだったので紹介出来ませんが代わりに原作者の石ノ森章太郎先生のコーナーを紹介したいと思います。

 

 

石ノ森章太郎先生の略歴パネル

 

 

石ノ森章太郎先生の書斎再現コーナー

 

両サイドの壁面には仮面ライダー誕生に関連する様々な絵が描かれていましたが撮影には中に入らないといけず立ち入り禁止エリアだった為断念しました。

 

 

机上の様子

 

 

それでも何とか机の上は撮影出来ました。

少し照明が暗く分かりにくいですが仮面ライダーの原画が置かれていました。

 

 

吊るされいる原画の数々(左側)

 

 

吊るされいる原画の数々(中央)

 

 

吊るされいる原画の数々(右側)

 

 

今回は夜のららぽーと福岡でのνガンダムの演出の前であり時間調整も兼ねての来場で計4時間位の観覧となりかなりの数の撮影をしました。

 

まだ後少し石ノ森章太郎先生のコーナーの紹介がありますが次回とさせて頂きます。

またその後は昭和~平成ライダー1号のクウガまでの紹介となりますのでお楽しみに♪